仮想専用サーバー

仮想専用サーバーとは?

仮想専用サーバーとは、一台のサーバー上で共用サーバーを仮想化し、その上で複数の専用サーバーを提供するサービスです。

専用サーバーを借りるよりも安価で、専用サーバーと同様に好みのOS・データベース・アプリケーションをインストールして利用できることが特徴です。

また、共用サーバーに特殊なソフトをインストールし、個々のユーザーがあたかも管理者権限(root権限)を持っているかのように設定することで、管理者権限が必要なソフトを動作させるなどの専用サーバにしかできない機能が利用できます。